Kawasaki Alice Makes...

カワサキアリスは、演劇集団であり、7世代先の未来へ現在(いま)をつなげていく試みです

言葉(過去と未来をつなぐもの)と身体(現代にほかならぬもの)の共同作業が「演劇」です。自分が今この世界に生きている意味を探求し続けたい人のために。地域の中で演劇があらゆる人のサードプレイスとなり得る可能性を探りながら、次世代の育成と、必ずしも芸能界に直結しないアーティストの自由な表現活動を支える場を作っています。

Ash - 演出家 / 琵琶奏者

世界80都市でミュージカルとサーカスの舞台に立つ。帰国後に東京芸術大学入学。在学中に演出家としてデビュー。「ミュージカル」とは一線を画す音楽を軸にした演劇作品を創る。卒業後はク・ナウカ・シアターカンパニーで数々の海外公演を経験。
2006年以降拠点を川崎に移し、地域劇団であるカワサキアリスを立ち上げる。高校での演劇指導、戯曲をよむワークショップなどを行い、2017年に利賀演出家コンクールで上演した『青い鳥』で優秀演出家賞を受賞。一人芝居の延長として琵琶奏者としても活動。2013年以降日本琵琶楽コンクール本選に毎年出場。短編映画の音楽も手がける。日本の伝統芸術と、世界各地の物語を融合させる作風で、活動の幅を広げている。